株式会社 ショーエイ
[名古屋市中川区] K邸 建築条件付分譲住宅 『烏帽子の家』
建築条件付分譲住宅『烏帽子の家』が完成いたしました。こちらは、ご結婚を間近に控えたK様にご契約頂きました。『明るく広いL.D.K』・『家族構成の変化に応じてフレキシブルな対応が出来る間取り』『外観はシンプルモダンに』との要望でプランニングが始まりました。法規制が非常に厳しい地域のため、一部に傾斜天井を用いたり、屋根形状を変則な形状にするなどして対応しました。各室の採光・通風にも気を配りました。
【完成写真】
外壁には、3種類の材料を使っています。モダンでシャープな雰囲気を出すため、2階の一部にガルバリウム鋼板を施工しました。濃青色の縦ラインとコンクリート打ち放し調の外壁がファサードの要になりました。又、無機質になりすぎないようバルコニーの壁面は木目調に仕上げました。
【工事着手準備】
基礎を支える地盤を確認するため、地盤調査を行いました。表層も強固な事が確認できたため、地盤の補強(杭工事や地盤改良工事など)は特に必要ないと判断し、基礎の設計に取り掛かりました。
【基礎工事着手】
基礎工事が着工し、掘削が始まりました。
【基礎工事】
基礎の鉄筋組みがほぼ完了しました。周囲に型枠を並べ、ベタ基礎の耐圧板(ベース)へのコンクリート打設準備が進んで行きます。
【基礎工事】
いよいよコンクリートの打設が始まりました。ポンプ車を使い生コンを圧送しています。鉄筋への密着を高め、気泡を押し出す為にバイブレーターで振動を掛けながら進めて行きます。
【基礎工事】
コンクリートの打設直後です。高さを確認しながら、表面を均していきます。この後表面の乾き具合を確認しながらコテ均しを行います。
【基礎工事】
耐圧板(ベース)部分のコンクリートが固まり、周囲の型枠が外れました。いよいよ立ち上がり部分の型枠組みです。
【基礎工事】
立ち上がり部分の型枠が組み上げています。この後、芯ズレなどが無い様に型枠の並びを調整し、しっかりと確認をしてコンクリートの打設に備えます。
【基礎工事】
立ち上がり部分にコンクリートが流し込まれ、養生期間を経て、型枠が撤去されました。これから周囲の埋め戻し・外回りの配管工事を行い、建物組立て工事へと進みます。
【建て方(建物組立て)開始】
1階の梁部分まで組み上がりました。
【上棟(建て方完了)】
建物組立て作業も順調に進み、無事上棟いたしました。
【木工事(構造金物取り付け)】
筋交い補強プレートやホールダウンアンカーボルトなどの構造金物をしっかりと取り付けしていきます。
【木工事(床組み)】
構造金物取り付けに平行して、床組みも進んでいます。オレンジ色に塗られている部分は、防蟻処理を施した部分です。
【木工事(構造金物取り付け)】
こちらは2階の小屋組みです。鋼製の火打ち梁や羽子板ボルトなどの構造用金物もしっかりと取り付けしてあります。最近では珍しくなりましたが、今回は丸太の大梁を組み入れました。